鼻やのどの病気と歯並び

鼻やのどの病気と歯並び

口ポカーンは歯並びに影響することを知っていますか

  • 矯正治療をさまたげる口呼吸

鼻やのどの病気があると、口を開けて息をします。

本来、鼻で息をするものですが、口を半開きにして息をしている状態を

“口呼吸”と呼んでいます。近年多くの人がわかるように、口呼吸を

“口ポカーン”と呼ばれています。“鼻がつまれば、口で息をすればよいと

いうわけではない“のです。

なぜならば、口呼吸は歯並びや顔の成長に悪い影響を与えるからです。

口呼吸を続けていると、唇を閉じて前歯を外側から抑える機能がなくなります。

その結果、舌で前歯を押し出すくせ(舌のくせ)が出て、前歯を前方へ移動し、

“出っ歯”や上下の前歯が噛み合わない“開咬”になりやすいのです。

その上口呼吸は、矯正治療の歯の動きをさまたげ、矯正治療後の歯並びの安定

にも影響するのです。

 

  • 口呼吸の原因は、鼻やのどの病気

鼻やのどの病気などが、口呼吸の主な原因です。

  1. アデノイド(咽頭扁桃肥大)、口蓋扁桃の肥大
  2. 急性・慢性鼻炎、肥厚性鼻炎、アレルギー性鼻炎
  3. 鼻茸、副鼻腔炎その他、幼児期から指しゃぶりを小学生まで続けていると、口呼吸を引き起こすことがあります。
  4. “出っ歯”(上顎前突)や上下の前歯が咬み合わない“開咬”になり、

 

  • 扁桃肥大の影響は

扁桃肥大の害は、次のような症状があります。

  1. 扁桃が大きすぎると、鼻呼吸をさまたげる(口呼吸になる)
  2. 扁桃に溶連菌という細菌による巣ができて、腎炎、心内膜炎、心筋炎、
  3. 掌嚢胞症(皮膚炎)などが起きる
  4. 睡眠時の呼吸状態が苦しそうな呼吸、いびきをかく、息をつまらせる

 

  • 習慣性の口呼吸

鼻やのどの病気以外にあまり知られていないのですが、習慣で口を開けて息を

している人がいます。このような状態を“習慣性口呼吸”と呼んでいます。

習慣で口呼吸を続けていると“出っ歯(上顎前突)”、“開咬”や

“上下の前歯が前方に出ている”“上下顎前突”になりやすいのです。

前歯が出ている歯並びで、習慣性口呼吸が引き起こされている場合には、矯正治療

により歯並びが治ると口呼吸もなくなり、口も閉じられるようになります。

 

  • 口呼吸をしていると舌は下方に下がる(低位舌)

たえず口を開けて息をする習慣がつくと、口の中で舌の位置が下がってしまいます。

普段呼吸をする時は、“舌は上あごにつく”、“唇を閉じて鼻で息をする”を

心がけて下さい。飲み物や食べ物をのみ込む時、舌先は上あごにつけてのどの奥に

送り込みます。

口を開けた状態で、舌の位置が下がった状態は、“低位舌”と呼ばれています。

日中や夜寝ている時、口呼吸をして“低位舌”になると、口の周りや

顔の筋肉(表情筋)がゆるみます。口呼吸により絶えず口を開けている状態は、

他人からは“口もとがだらしなく”見えるのです。子どもの成長期に口呼吸が

続くと、歯並びや顔やあごの発育にわるい影響を与えます。

成人で“低位舌”になると、舌で前歯を押して出っ歯や前歯の間に間隙のある歯並び

(空隙歯列)になります。舌の訓練は、認知症の予防のためにも良いと言われています。

近年、歯科医や医師により、“よく噛むこと”と“舌の訓練”が健康に大事だと

言われています。

 

  • 鼻やのどの病気で口呼吸をしていると、次のような症状になりやすいのです。

✿歯並び・・・上下の歯列が狭くなる

✿舌の位置・・・低位舌になる。のみこみ方や発音がおかしくなる

睡眠時無呼吸(アデノイドや口蓋扁桃肥大)

✿顔の成長・・・間が抜けたような長い顔“アデノイド顔貌”になる

✿矯正治療・・・治療期間が長くなる。治療後の安定がわるい

✿その他・・・唇がカサカサになる。唾液が出にくい。口を開けていると外見がわるい

 

  • 鼻やのどの病気がある場合は、どうしたら良いか?

①耳鼻咽喉科医に相談する

“鼻がつまる”、“口を開けて息をする”、“いびきをかく”、“息をすする時に鼻をならす”

などの症状がみられます。このような症状は、鼻アレルギーや扁桃肥大(アデノイドや

口蓋扁桃肥大)、副鼻腔炎などの鼻やのどの病気で起きます。

②扁桃が小さくなる年齢まで待つ

③熱が出た時に薬をのむ

④手術をする

アデノイドは、子どもにとって健康上大きな問題ですので、耳鼻咽喉科医や私たち

矯正科医の意見を参考にして下さい。

参考文献:日本臨床矯正歯科医会 神奈川支部発行


10月12日(土)台風接近による臨時休診のお知らせ

台風19号の接近に伴い、安全に診療を行うことが難しいと判断しましたため、10月12日(土)は、終日臨時休診とさせていただきます。

ご不便をお掛けい致しますが、何卒ご理解賜ります様お願い申し上げます。


矯正治療のリスクと限界

矯正歯科治療に伴う一般的な リスクや副作用 について

矯正歯科治療を進めていくためには、患者さんによるご協力と治療に関する知識が大切です。それにより良い過程と結果を生むことになりますので、体の治療と同じようにいくつかのリスク及び限界があることを認識しておく必要があります。

① 最初は 矯正装置による不快感、痛み等 があります 。 数日間 1 2 週間 で慣れ ることが多いで す 。

② 歯の動き方には 個人差 があり ます。そのため、 予想された 治療期間が 延長 する可能性が あります。

③ 装置の使用 状況 、顎間ゴム の使用 状況 、 定期的な通院等、 矯正治療には 患者 さんの協力が非常に重要であり、それらが治療結果や治療期間に影響します。

④ 治療中 は 、 装置が付いているため歯が磨き にくくなります。むし歯や歯周病のリスクが高まりますので、丁寧に 磨い たり、定期的な メンテナンスを受け たり する ことが重要です 。 また、歯が動くと隠れていたむし歯が見えるようになることもあります。

⑤ 歯を動かすことにより 歯根 が 吸収 して短くなることがあります。また、歯ぐきがやせて下がることがあります。

⑥ ごくまれに歯が 骨 と 癒着 していて歯が動かないことがあります。

⑦ ごくまれに 歯 を動かすことで神経が 障害 を受けて壊死することがあります。

⑧ 治療途中に金属 等のアレルギー 症状が出ることがあります。

⑨ 治療中に「顎関節で音が鳴る、 あごが 痛い、口が開けにくい」などの顎関節症状が出ることがあります。

⑩ 様々な問題により、当初予定した治療計画を変更する可能性があります。

⑪ 歯の形を修正したり、咬み合わせの微調整を行ったりする 可能性 があります。

⑫ 矯正装置を誤飲する可能性があります。

⑬ 装置を外す時に、エナ メル質に微小な亀裂が入る可能性や、かぶせ物(補綴物)の一部が破損 する可能性 が あります。

⑭ 装置が外れた後、 保定 装置を指示通り使用しないと後戻りが生じる可能性が高くなります。

⑮ 装置が外れた後、現在の咬み合わせに合った状態のかぶせ物(補綴物)やむし歯の治療(修復物)などをやりなおす可能性があります。

⑯ あご の成長発育によりかみ合わせや歯並びが変化する可能性があります。

⑰ 治療後に親知らずが生えて、凸凹が生じる可能性があります。加齢や歯周病等により歯を支えている骨がやせるとかみ合わせや歯並びが 変化 することがあります。その場合、 再治療等 が必要になることがあります。

⑱ 矯正歯科治療は、一度始めると元の状態に戻すことは難しくなります 。

*その他、治療に関してのご質問等は歯科医師ならびにスタッフにご相談ください。


to top