新型コロナウイルスの感染について

【患者さんへのお願い】

発熱やのどの痛み、せき、息切れ、強いだるさ(倦怠感)などの症状があり、新型コロナウイルスの感染が疑われる方は、直接受診する前に、必ず最寄りの帰国者・接触者相談センターに相談し、指示を受けていただきますよう、よろしくお願いいたします。

【こんな方はご注意ください】

次の症状がある方は「帰国者・接触者相談センター」にご相談ください。

○風邪の症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続いている

(解熱剤を飲み続けなければならないときを含みます)

○強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある

※高齢者や基礎疾患等のある方は、上の状態が2日程度続く場合

「帰国者・接触者相談センター」はすべての都道府県で設置しています。

詳しくは以下のURLからご覧いただけます。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/covid19-kikokusyasessyokusya.html

【一般的なお問い合わせなどはこちら】

その他、ご自身の症状に不安がある場合など、一般的なお問い合わせについては、次の窓口にご相談ください。

 

厚生労働省相談窓口 電話番号 0120-565653(フリーダイヤル)

受付時間 9:00~21:00(土日・祝日も実施)

聴覚に障害のある方をはじめ、電話でのご相談が難しい方 FAX 03-3595-2756

公益社団法人 日本歯科医師会


矯正治療と歯の痛みについて

矯正治療と歯の痛みについて

矯正治療を始める時、患者さんが心配されるひとつに矯正装置をつけた後に生じる

痛みがあります。その痛みには、①装置をつけた後、歯が動き始めた時に生じる

痛みと、②歯の表面や裏側につけた装置(ブレース)が、頬や唇の内側の粘膜や舌が

こすれて傷や口内炎ができる二つの原因があります。

 

  • 歯が動き始めた時の痛み

まず、歯が動き始めた時に生じる痛みは、歯の表面に接着した装置(ブラケット)に

ワイヤーを入れると力が加わって歯が動き始めます。その時に生じる痛みには

個人差があります。歯が動き始めた時に痛みがあるかどうかは、患者さんが

“このような痛みがあった”いうように、次の診療所に行った時に矯正歯科医や

歯科衛生士に伝えて下さい。

矯正装置をつけた時に生じる痛みには、バラツキがあり気にされない患者さんも

います。痛みは、患者さんの体調や精神状態などによっても違います。

 

  • 痛みが生じるのはなぜ?

では、矯正治療によって歯を動かす時、なぜ痛みが出るのでしょうか。痛みが生じる

メカニズムは、“痛みの刺激が神経を伝わって脳に達し、痛みの中枢へと伝えられ痛い”

と感じるのです。

痛みへの感じ方は人によって異なり、強弱や持続日数なども変わります。矯正治療を

始めた時に生じる痛みは、歯に力が加わることによって“歯を支える骨に炎症反応が起きる”ためなのです。例えると、炎症反応は風邪を引いてのどが痛くなり、腫れて痛みが

出るようなものです。

この炎症は悪役ではなく、痛みを治そうとする大切な役割を担っています。歯が動く

場合には、歯を支えている骨の部分に一時的に痛みの物質(プロスタグランディン)が

出ます。そのため歯を動かす時に生じる痛みは、歯並びは咬み合わせを良くするために

必要なものですので、少し我慢をして頂きたいのです

 

  • 痛みが出た時の処置

人によって痛みに、“敏感な人”や“あまり気にしない人”など個人差があることは

前に述べました。しかし、矯正治療を始めて痛みが出ると、患者さんは不安になる

ものです。

通常痛みが生じるのは、①矯正装置をつけた時、②定期的にワイヤーを交換した時

です。歯が動き始めた時の痛みを表現すると、通常、“がまんできる痛さ”、

“食べ物が噛めない痛さ”です。痛みに対して敏感な人では、“顔をしかめる痛さ”、

“夜眠れない痛さ”などと例えられます。

私たちは装置装着時に、痛みが出た場合の処置について、次のように説明しています。

・痛みが出た時・

①やわらかい食べ物をとる(お粥やグラタンなど)

②痛みがでたら、温かい塩湯をしばらく口に含む

(歯根のまわりの血流が良くなり、痛みがやわらぐ)

③普段、のみなれている“痛み止め”をのむ

(強い鎮痛剤は副作用が出ることがありますので避けて下さい)

④矯正歯科医院に電話して、どうしたら良いかを聞く

患者さんの痛みは、本人しか分からないものです。

次回に診療所を訪れた時、どのような痛みがあったかを矯正歯科医や歯科衛生士に伝えて

下さい。患者さんからの情報により、私たちは歯の動きに配慮して交換するワイヤーの

サイズを細くするなど調整をしています。

痛みが出ると不安になりますが、通常数日でなくなります。あなたの歯並びやかみ合わせ

がきれいになるように、しばらく我慢して頑張って下さい。

 

  • 装置があたり、頬や舌に傷や口内炎ができた時

歯の表面や裏側につけた装置(ブレース)が、頬や唇の内側の粘膜や舌にこすれて、傷や

口内炎ができることがあります。矯正治療を始めてしばらくすると、装置になれてくるものです。

・傷や口内炎ができた時・

①口の中につける軟膏(アフタゾロンなど)をつける(皮膚用軟膏ではない)

②うがい薬を使う

③口内炎ができた時は、小さな貼り薬(アフタッチという商品名)を使う

④矯正診療所でもらったリリーフワックス(柔らかい保護材)やブラケット上を被う

シリコン製ガードをつける(矯正歯科医院でもらう)

参考文献:日本臨床矯正歯科医会 神奈川支部発行


鼻やのどの病気と歯並び

鼻やのどの病気と歯並び

口ポカーンは歯並びに影響することを知っていますか

  • 矯正治療をさまたげる口呼吸

鼻やのどの病気があると、口を開けて息をします。

本来、鼻で息をするものですが、口を半開きにして息をしている状態を

“口呼吸”と呼んでいます。近年多くの人がわかるように、口呼吸を

“口ポカーン”と呼ばれています。“鼻がつまれば、口で息をすればよいと

いうわけではない“のです。

なぜならば、口呼吸は歯並びや顔の成長に悪い影響を与えるからです。

口呼吸を続けていると、唇を閉じて前歯を外側から抑える機能がなくなります。

その結果、舌で前歯を押し出すくせ(舌のくせ)が出て、前歯を前方へ移動し、

“出っ歯”や上下の前歯が噛み合わない“開咬”になりやすいのです。

その上口呼吸は、矯正治療の歯の動きをさまたげ、矯正治療後の歯並びの安定

にも影響するのです。

 

  • 口呼吸の原因は、鼻やのどの病気

鼻やのどの病気などが、口呼吸の主な原因です。

  1. アデノイド(咽頭扁桃肥大)、口蓋扁桃の肥大
  2. 急性・慢性鼻炎、肥厚性鼻炎、アレルギー性鼻炎
  3. 鼻茸、副鼻腔炎その他、幼児期から指しゃぶりを小学生まで続けていると、口呼吸を引き起こすことがあります。
  4. “出っ歯”(上顎前突)や上下の前歯が咬み合わない“開咬”になり、

 

  • 扁桃肥大の影響は

扁桃肥大の害は、次のような症状があります。

  1. 扁桃が大きすぎると、鼻呼吸をさまたげる(口呼吸になる)
  2. 扁桃に溶連菌という細菌による巣ができて、腎炎、心内膜炎、心筋炎、
  3. 掌嚢胞症(皮膚炎)などが起きる
  4. 睡眠時の呼吸状態が苦しそうな呼吸、いびきをかく、息をつまらせる

 

  • 習慣性の口呼吸

鼻やのどの病気以外にあまり知られていないのですが、習慣で口を開けて息を

している人がいます。このような状態を“習慣性口呼吸”と呼んでいます。

習慣で口呼吸を続けていると“出っ歯(上顎前突)”、“開咬”や

“上下の前歯が前方に出ている”“上下顎前突”になりやすいのです。

前歯が出ている歯並びで、習慣性口呼吸が引き起こされている場合には、矯正治療

により歯並びが治ると口呼吸もなくなり、口も閉じられるようになります。

 

  • 口呼吸をしていると舌は下方に下がる(低位舌)

たえず口を開けて息をする習慣がつくと、口の中で舌の位置が下がってしまいます。

普段呼吸をする時は、“舌は上あごにつく”、“唇を閉じて鼻で息をする”を

心がけて下さい。飲み物や食べ物をのみ込む時、舌先は上あごにつけてのどの奥に

送り込みます。

口を開けた状態で、舌の位置が下がった状態は、“低位舌”と呼ばれています。

日中や夜寝ている時、口呼吸をして“低位舌”になると、口の周りや

顔の筋肉(表情筋)がゆるみます。口呼吸により絶えず口を開けている状態は、

他人からは“口もとがだらしなく”見えるのです。子どもの成長期に口呼吸が

続くと、歯並びや顔やあごの発育にわるい影響を与えます。

成人で“低位舌”になると、舌で前歯を押して出っ歯や前歯の間に間隙のある歯並び

(空隙歯列)になります。舌の訓練は、認知症の予防のためにも良いと言われています。

近年、歯科医や医師により、“よく噛むこと”と“舌の訓練”が健康に大事だと

言われています。

 

  • 鼻やのどの病気で口呼吸をしていると、次のような症状になりやすいのです。

✿歯並び・・・上下の歯列が狭くなる

✿舌の位置・・・低位舌になる。のみこみ方や発音がおかしくなる

睡眠時無呼吸(アデノイドや口蓋扁桃肥大)

✿顔の成長・・・間が抜けたような長い顔“アデノイド顔貌”になる

✿矯正治療・・・治療期間が長くなる。治療後の安定がわるい

✿その他・・・唇がカサカサになる。唾液が出にくい。口を開けていると外見がわるい

 

  • 鼻やのどの病気がある場合は、どうしたら良いか?

①耳鼻咽喉科医に相談する

“鼻がつまる”、“口を開けて息をする”、“いびきをかく”、“息をすする時に鼻をならす”

などの症状がみられます。このような症状は、鼻アレルギーや扁桃肥大(アデノイドや

口蓋扁桃肥大)、副鼻腔炎などの鼻やのどの病気で起きます。

②扁桃が小さくなる年齢まで待つ

③熱が出た時に薬をのむ

④手術をする

アデノイドは、子どもにとって健康上大きな問題ですので、耳鼻咽喉科医や私たち

矯正科医の意見を参考にして下さい。

参考文献:日本臨床矯正歯科医会 神奈川支部発行


to top