埋伏している歯の矯正治療

埋伏している歯を矯正治療するには

  • 埋伏歯ってなに?

乳歯が抜けて永久歯にかわる時、乳歯の歯根や永久歯を被う歯槽骨は徐々に吸収され、

歯肉を破って歯が生えてきます。しかし、永久歯があごの骨の中に埋まったまま

生えてこない状態を“埋伏歯”と呼んでいます。

埋伏しているかどうか疑われる症状がありますが、埋伏歯は、患者さんの痛みや

違和感もありませんので、発見が遅れがちです。

埋伏歯があるかどうか、またその位置を確認することは、パノラマレントゲン写真や

歯科用のCTを撮影しないとわかりません。レントゲンを撮影して埋伏歯が見つかった

場合には、発見が早いほど矯正治療で歯列内に引出せる可能性が高くなります。

 

  • 埋伏する原因と頻度は

通常永久歯が生える時期になっても、歯冠(歯の頭)が出てこない埋伏歯には、

次のような原因が考えられます。

①歯列に歯が生えるスペースが不足している(あごが小さく歯列が狭い)

②外傷などで永久歯の芽の位置が移動した

③永久歯の芽の位置が、最初からおかしい

④過剰歯や障がい物が、永久歯が生えるのを妨げている

上の犬歯が埋伏している状態はわかりにくいため、放置されやすいのです。歯の治療時に

歯科医院でレントゲンを撮影して発見されます。埋伏歯が見つかった場合には、早めに

矯正歯科専門開業医に相談することをお薦めします。

上の犬歯が埋伏する頻度は、約2%で男性より女性の方が多いのです(約2倍)。

そして両側ではなく片方だけ埋伏の方が圧倒的に多いと報告されています。

厄介なことに約78%の上の犬歯の埋伏歯が隣の歯根にぶつかって、健全な歯根を短くして

しまうのです。

 

  • 埋伏歯を歯列内に誘導する方法は

レントゲンを撮影し埋伏歯を発見した場合には、

①遅くまで残っている乳歯を抜歯する

②矯正装置により歯列を広げてスペースをつくる

③埋伏している歯を被う歯肉の一部を切開する

④埋伏している歯に部品をつけて歯列内に引き出す順序でおこないます。

埋伏歯を助けるには、発見が早いほど隣の歯の歯根を短くすることもなく歯列内への

誘導がスムーズにいきます。

 

・前歯が埋伏している場合・

埋伏している歯の歯根が1/3程度未完成であれば、矯正装置により生える場所を確保

し歯列内に引き出す事が可能です。私たちは、埋伏歯を歯列内に引き出せるかどうかを

見極める条件として、

①埋伏している状態(傾斜、深さ)

②埋伏歯のまわりの状態(過剰歯、嚢胞、歯牙腫等)

③歯根の完成度

などにより矯正装置で誘導する方法や期間が決まります。歯列内に誘導しても歯根が

湾曲しているため、歯として使えない場合もあります。まれに埋伏している歯が、

まわりの骨と癒着している場合は引き出せません。

・上の犬歯が埋伏している場合・

歯列を広げたり乳歯の抜歯をしても、埋伏している歯が生えてこない場合には、

矯正装置をつけて埋伏している歯を引き出し、その後、全体の歯並びや咬みあわせを

治していくことが必要になります。

埋伏した犬歯のまわりに嚢胞や歯牙腫がある場合は、それらの除去も必要です。犬歯の

引出しを含めて、症状にもよりますが、目安として全体で1~2年の矯正治療期間が

必要でしょう。上の犬歯が埋伏している場合には安易に抜かないで、まず矯正歯科

専門開業医にご相談下さい。

参考文献:日本臨床矯正歯科医会 神奈川支部発行


アンカースクリューを使った成人矯正治療

アンカースクリューを使った成人矯正治療

  • アンカースクリュー(矯正用インプラントの呼称)

矯正用インプラントは、専門的には“アンカースクリュー”と呼ばれています。

港に入った船が錨(アンカー)を下ろして固定するように、金属のネジ(スクリュー)を

あご骨に埋め込んで奥歯が動かないように固定して前歯を移動する新しい矯正治療法

です。つまり、難しいケースで歯を効果的に移動することができるようになりました。

1945年頃から臨床応用されてきましたが、2012年に厚生労働省より“アンカースクリュー”

は薬事承認されました。

歯を失った場所に打ち込み、ブリッジなどを作る支柱とする一般歯科のインプラントとは

全く違うものです。2014年には健康保険が適用され、一部の矯正治療(顎変形症など)に

認可されています。

  • アンカースクリューの種類

①セルフドリリングタイプ

ねじを切った釘のようなピンです。奥歯の外側や内側のあごの骨に、あらかじめドリルで

小さな穴を開けた場所にスクリューを植えます。局所麻酔をして注水をしながらドリルで

穴を開けますので痛みはありません。

②セルフタッピングタイプ

スクリューを直接あごの骨に、ドライバーでゆっくりねじ込んで植えます。スクリューの

植立は簡単な処置ですので、矯正診療所でも行います。大きな病院の口腔外科に依頼して

スクリューを植えてもらうこともあります。局所麻酔をして、特殊なドライバーで

ねじ込みますので痛みはほとんどありません。

③プレートタイプ

上あごのかたい骨に打ち込む、少し大きめのスクリューです。

  • このようなケースに使う

“アンカースクリュー”は、主に、成長が終了した成人に使用します。矯正治療に協力が

得られない患者さん(15歳くらい)に使うこともあります。

アンカースクリューは、骨のかたい厚い部分(皮質骨)に歯根を避けて埋め込みます。

矯正治療ではアンカースクリューを利用して、歯の移動をおこなうため、力が加わり

ますので緩んで脱力することがあります。

このような脱力は、歯みがきがわるく口の中が不潔になっている場合は多いようです。

このような時には、再度場所を変えてアンカースクリューを埋め込む必要があります。

再埋め込みをおこなう場合には、費用が発生する場合もあります。

・使用するケースは・

①前歯を後退する時、奥歯と共にアンカー(固定源)として使う

②前歯の咬み合せの深い(過蓋咬合)ケースで、上の前歯を持ち上げる時の(抵抗源)

として使う

③上下の前歯間に空隙(開咬症例)があるケースで、上の奥歯を持ち上げる(圧下)

するために使う

④奥歯を後方に動かす時のアンカーとして使う

⑤奥歯が歯列からずれて咬み合うケース(交叉咬合)に使う

⑥永久歯が先天的に欠如しているケースや歯周病で奥歯が固定源にならない時に使う

⑦顎変形症など外科的手術を回避するケースに使う

⑧矯正治療に協力が得られないケースに使う

  • メリットとデメリットは何か?

・メリットとしては・

①アンカースクリューの利用は、ほぼ痛みもなく難しいケースが治療できます。

②あご骨の外科手術が必要なケースが、アンカースクリューを使うことで手術が

避けられます。

③矯正治療で難しい、上の奥歯を持ち上げ(圧下)ができるようになりました。

④ヘッドギアの使用が避けられます。

⑤ゴムの使用など患者さんの協力が少なくてすみます。

・デメリットとしては・

①局所麻酔をしてスクリューを埋め込む処置が必要です。

埋め込み直後は、痛みなどの違和感が出ることがあります。

②アンカースクリューを埋め込んだ場所の粘膜に炎症が起きることがあります。

③矯正用アンカースクリュー代が、矯正治療費に加算されます。

④アンカースクリューが矯正治療中にゆるんで脱落し、植え直すことがあります。

⑤脱落するケースは、10本に1本くらいです。このようなケースは、口の中の

衛生状態が良くない場合やあご骨の固い部分(皮質骨)が薄い場合が多いようです。

  • 術前の説明と患者さんの納得(インフォームドコンセント)

矯正歯科医と事前に十分説明を受け、納得されてからスタートしてください。

①スクリューを打ち込む部分の骨の状態をCTや断層レントゲン写真(パノラマ)を撮影

し、骨の厚み、歯根の状態、上顎洞、鼻腔の位置、粘膜の状態などを検査します。

②アンカースクリューが脱落した場合には、代わりの方法に切り替えることがあります。

その場合には、治療期間や目標が変わってきます。

③アンカースクリューを埋め込んだ直後は、口の中を清潔に保って下さい。

万一炎症を起こした時には、抗生物質などの投与をおこないます。

④あご骨が薄くスクリューが脱落した場合には、植え直すことがあります。

参考文献:日本臨床矯正歯科医会 神奈川支部


上顎前突(じょうがくぜんとつ)(出っ歯)とは、どのような歯並び?

上顎前突(じょうがくぜんとつ)(出っ歯)とは、どのような歯並び?

  • ①上顎前突とは

上顎前突は、上の前歯や上あごが前方に出ている歯並びです。この歯並びは日本人に

多く、俗に、“出っ歯”や“反(そ)っ歯”と呼ばれています。

上の前歯や上あごが前方に出ていると、口元が突出して唇が閉じにくくなり口呼吸に

なります。無理に口を閉じると、あごの先に梅干し状のしわができて不満そうな表情に

なります。子どもでは、転んだ時に上の前歯を折りやすいことがあります。

また、大きく口を開けて笑った時に、上の前歯の歯ぐきが出て目立ちます。外国では、

このような症状を“ガミースマイル”と呼んでいます。

・ひと昔前の日本人の印象は・

ひと昔前の日本人と言えば、「出っ歯、細い目でメガネをかけカメラを首に下げて猫背」

と良い印象ではありませんでした。“ティファニーで朝食を”というオードリー・ヘップバーン主演の映画では、ミッキー・ルーニーが日本人の料理人を出っ歯でメガネをかけて

演じていました。

外国ではきれいな歯並びはステイタスですが、近頃の日本でも歯並びがわるい若者

(とくに成人女性)を見かけることが少なくなりました。本人や保護者も、就職、

結婚などの対人関係を意識しているのでしょう。

  • ②上顎前突の原因は

・幼児期の長期間にわたる指しゃぶり、食べ物や水をのみ込む時に舌で前歯を押す癖、

下唇を咬む癖などのわるい癖(幼稚園児や小学生)などで上の前歯を押し出す

・アレルギー性鼻炎、扁桃肥大などで口呼吸をする

・両親や祖父母の歯並びの遺伝がある

  • ③上顎前突の治療は

上顎前突は、その症状、年齢、協力度などにより治療法が異なります。

・低年齢(混合歯列)の場合(主に小学生)・

◆上あごの成長を抑えるために、取り外しのできる装置を使う

◆上あごの六歳臼歯に金属のバンドを接着し、学校からの帰宅後と夜(就寝時も)に

“ヘッドギアー”という装置をつける

◆後退している下あごを、前方へ成長させる“機能的矯正装置”を学校からの帰宅後と

夜(就寝時も)に使う

・永久歯が全て生えそろっている場合(中・高校生、成人)・

◆固定式の装置を使う

歯の表側にマルチブラケット装置(ブレース)をつけて、歯を動かしていきます。

金属の部品ではなく目立たないプラスチックやセラミックの部品をつけることも

できます。歯の表側の装置を望まない場合には、歯の裏側に装置をつけることも

できます(リンガルブラケット法という)。

上顎前突の治療は、あごの成長をコントロールできる年齢では早期治療をおこないます。

症状の程度や年齢により、非抜歯治療か抜歯治療かが決まります。例えば、永久歯が

全て生えそろった年齢で、上顎前突の症状が著しく、リラックスしている時に口元が出て

口が閉まらない場合には、上の前歯を後退させるためのスペースづくりとして、犬歯の

後ろの歯を抜く必要があります。

  • ④上顎前突の治療後は、このように変わる

✿出っ歯が治り、きれいな歯並びになる

✿口元が引っ込み、リラックスしている時にも口が閉じている

✿鼻で呼吸できるようになる(アレルギー性鼻炎、扁桃肥大がない場合)

✿人前で歯並びが気にならなくなり、自信になる

✿口呼吸が改善し歯肉の炎症が減少する

✿咬み合わせが良くなり、全身の健康につながる

  • ⑤治療開始時期は、まず矯正歯科医に相談を!

レントゲン等の資料を分析して年齢やその症状により“早期治療”を開始した方が良いか、

永久歯が生えそろった中学生以降に“本格矯正治療”が必要かを診断します。時期が早い

場合には、定期的にお呼びし、観察をおこないます。

矯正治療は開始するタイミングがありますので、素人判断せずに、まず矯正歯科医に

相談してください。

参考文献:日本臨床矯正歯科医会 神奈川支部


to top