ORTHODONTIC DENTISTRY 矯正歯科

矯正治療で気になるところは、「装置が目立つ」ことと「治療期間が長い」ことだと思います。
そこで、目立たない矯正装置と、治療期間を短縮できる方法をまとめましたので、ご参考にして下さい。

01.目立たない・矯正治療の種類

目立たない・矯正治療の種類

リンガル

リンガル(裏側)矯正 歯の裏側に矯正装置(ブラケットとアーチワイヤー)を付け、装置が見えませんので、他人から矯正治療をしていることを気付かれません。しかしながら、裏側に装置があることで、しゃべりにくいなどの違和感もあります。

ハーフリンガル

ハーフリンガル 見えやすい上のあごはリンガル(裏側)に矯正装置を付け、見えにくい下あごはラビアル(表側)に矯正装置を付けます。また、下のあごはリンガル(裏側)に矯正装置を付け、上あごはラビアル(表側)に矯正装置を付けることもできます。

クリアブラケット(審美)
+ホワイトワイヤー

クリアブラケット(審美)+ホワイトワイヤー 目立たない審美ブラケットに白色のアーチワイヤーを通し、歯並びを精密にコントロールします。透明または白色のブラケットと白色のアーチワイヤーの組み合わせは、最も目立たないラビアル(表側)の矯正装置です。

マウスピース矯正(インビザラインなど)

マウスピース矯正(インビザラインなど) 取り外し可能なインビザライン(カスタムメイド型マウスピース矯正装置)などの装置は、食事や歯みがきの時は装置をはずことができます。歯並びの症状によっては綺麗に並ばないこともありますので、適応するかどうかを相談時に確認する必要があります。

短期間の矯正治療の種類

コルチコトミー(ウイルコドンティクス法など)

コルチコトミー(ウイルコドンティクス法など) ①歯ぐきを剥離する。②歯を支えている骨(歯槽骨)を切開し、外科的侵襲を加える。③歯ぐきを縫合する。このような処置により、骨代謝が促進(RAP:Regional Acceleratory Phenomenon)され、歯の移動の促進を期待する方法ですが、まだエビデンスが少ない方法です。ウィルコドンティクス法(PAOO)もコルチコトミーの一種の方法です。

コルチシジョン

コルチシジョン 歯ぐきを剥離せず、歯ぐきの上から歯を支えている骨(歯槽骨)を切開し、骨代謝が促進(RAP:Regional Acceleratory Phenomenon)され、歯の移動の促進を期待する方法ですが、まだエビデンスが少ない方法です。コルチコトミーに比べ外科的侵襲が少ないメリットはありますが、骨代謝の促進も少ない感じがします。

プロペル

プロペル 歯ぐきの上から歯槽骨に小さな穴(MOPs: 微小骨穿孔)を開ける方法で、骨代謝が促進(RAP:Regional Acceleratory Phenomenon)され、歯の移動の促進を期待する方法ですが、まだエビデンスが少ない方法です。術後の腫れや痛みが少なく、もっとも外科的侵襲が小さいことが特徴です。

インプラント
アンカー矯正

インプラントアンカー矯正 歯科矯正用アンカースクリューを一時的にあごの骨に埋め込み、それを固定源として歯を動かす方法です。複数の歯を効率的に移動することができ、治療期間の短縮が期待できます。また、従来抜歯が必要な治療が非抜歯で治療可能になる場合や、外科手術が必要な治療が手術不要になる場合もあります。
to top